敏感肌とは、肌のバリア機能が低下し、外部刺激を受けやすい状態の肌のことをいいます。 生まれつきの体...

敏感肌でニキビができてしまう原因とは?

敏感肌とは、肌のバリア機能が低下し、外部刺激を受けやすい状態の肌のことをいいます。
生まれつきの体質で肌が刺激に弱いため敏感肌である方もいますが、多くの場合は、肌の水分不足による乾燥から敏感肌となっております。
いつの間にか敏感肌になってしまったと感じている方は、肌の乾燥を防ぐ対策をする必要があると考えられます。
敏感肌の方のニキビは、多くは肌の乾燥に伴って引き起こされています。
敏感肌の方の角質層は、乾燥により肌の水分がなくなり古く硬くなっています。
角質層が古く硬くなっていると、毛穴が細く弱い状態でもあります。
そのため、ほんの少しの皮脂でも毛穴につまってしまいます。
毛穴に皮脂や汚れがつまってしまうことにより、アクネ菌が増殖しニキビが引き起こされてしまうのです。
また、敏感肌は、肌のバリア機能が低下している状態であるため、肌のバリア機能を強化する対策をしないと、せっかく治ったニキビも外部刺激により再びできてしまう可能性もあります。
さらにスキンケアする際も、あまり肌に刺激を与えないようにする必要があります。
特に、スキンケア化粧品に含まれる刺激成分である防腐剤、殺菌剤、鉱物油、石油系合成界面活性剤、合成着色料等には注意し、それらが含まれない化粧品でケアすることが重要となります。